イオンETCカードで賢く生活

イオンETCカード

ETCカードを作るときに、どのクレジットカードと組み合わせるかというのが、ポイントになりますね。買い物を中心にポイントを増やしたいなら、イオンETCカードがおとくです。
イオン一体型なら、個人カードや法人カードがあって、さらに一体型とETC専用と選ぶことができます。家族会員対応もあって、ポイントをためて有効活用したいという人には、特におすすめです。

イオンの場合は、ETC専用カードやクレジットカード共に、年会費や入会費用は無料です。
すでにイオンカードを持っていて、ETCを作りたいという人も、午後3時までにインターネットで申し込みを行えば、即発行で、翌日発送も可能です。
ですから、年末帰省するときにETCカードを使いたいという人も、今からまだまだ間に合います。すぐにネットにアクセスして申し込みましょう。

それから、イオンカードなら、クレジットやETCを利用すると、ときめきポイントが2倍になってたまっていくんです。あるいは、イオンゲート車両損傷お見舞い金制度というものがついていて、走行も安心なんです。
ショッピングセーフティ保険対応のカードもありますから、イオンマークのカードで購入した品物が5,000円以上の商品の場合で、なにかの事故によって被害を受けた場合は、買った日から180日の間は、保障がうあります。 年間最高50万円まで保障されるので、ショッピングも安心なんですよ。

それで、車両損傷お見舞金制度なんですが、なんと、ETCゲートのところで、開閉バーに衝突したときに、車両損傷していれば、事故のお見舞金が一律5万円で支払われるそうです。
できれば、ETCゲートの開閉バーには衝突したくないのですが、万が一ということもありますからね。備えあれば憂いなしです。

それから、ETC時間帯割引サービスは、利用時間を意識しながら通行すると、これまたお得に利用できるんですよね。
早朝夜間割引、通勤割引、深夜割引、平日夜間割引、休日昼間割引とあるわけですが、こうやってざっとみるとじゃあ、ずっと割引じゃないと思うところですが、平日の昼間は割引がないんですよ。
平日夜間や深夜、休日の昼間に利用すると安いということですね。だいたい50%の割引ですから、半額ですよね。平日の夜間が最大で30%ですが、それでもずいぶんお得ですよね。
高速道路の場所によっても違いますので、今一度確認してみてくださいね。期間によってもキャンペーンなどでお得に使えますから。

Copyright 2011 イオンETCカードで賢く生活, Inc.